2014年08月05日

第3回和菓子教室のご案内

ぎゃらりー七福庵主催 第6回和文化学びの寺子屋教室

代3回和菓子教室のご案内です。

日程:平成26年8月26日(火曜日)10;00~  2時間程度
参加料;1800円(材料費・諸経費込み)
各自準備するもの;エプロン・三角巾・手を拭くおしぼり

定員;10名程度(申込者多数の場合は抽選となります)

※和菓子教室後、希望者には別途 食事・喫茶を準備しております。

場所;JA経済連農協会館すぐ前
   癒しのぎゃらりー 和奏〔七福庵〕
   鴨池新町14-1 JK七福神ビル5F

連絡先;  
【関連する記事】
posted by ぎゃらりーオーナー at 10:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」 五日市剛先生 講演会

IMG_0001.jpg


「ツキを呼ぶ魔法の言葉」
~運命が変わる 未来を変える~
 
累計350万部を突破!
五日市さんが学生時代にイスラエルで 経験した不思議なお話。
それをまとめた著書が350万部突破という驚異のミリオンセラーを更新中。
読売巨人軍の 原辰徳監督やプロゴルファーの石川遼 選手をはじめとする数多くのトップアスリート、著名人にも影響を与えています。その傍ら専門書等の執筆も行っています。


プロフィール

1964年、岩手県生まれ。豊橋技術科学大学、 米国マサチューセッツ工科大学で学ぶ。
工学博士。大手化学会社に勤務した後、独立し 福岡県に自ら開発した大型機械を製造する会社を設立。
さらに、数社の技術顧問も務める。

いろいろな出来事がツキを呼ぶ魔法の言葉で変わって行く。
そして、この本を読んだ方にもまた不思議な出来事が・・・・

言葉の力の不思議を体験ください。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

とき 2013年12月15日(日)
13時開場 13時30分開演
場所 コミュニティセンター川辺文化会館
   南九州市川辺町平山2890番地1
   TEL 0993-56-5404
料金 大人2,000円 高校生以下500円
  (※託児できます(無料))

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

チケット取り扱っております
ご希望の方はお早めに予約・購入をお願いいたします
posted by ぎゃらりーオーナー at 23:05| Comment(0) | 講演会情報 | 更新情報をチェックする

「旅は誰と行くかが大事」

20120815_044543.jpg

お気に入りブログ【人の心に灯をともす】から 転載ですひらめき

「旅は誰と行くかが大事」


五日市剛氏の心に響く言葉より…

旅を最高に楽しむ秘訣があるとするならば、それは何だと思いますか?
多くの方は、旅先の選択が大事と答えるかもしれませんが、
実は「どこへ行くのか」はそれほど重要ではありません。

思い出深い、楽しい旅にするための一番のポイントは、「誰と行くか」。
その次に、「誰に案内してもらうか」が大事なようです。

それでは、人生という長~い旅をもっとも実りあるものにする秘訣があるとするなら、それは何でしょうか?
先ほどの話に重ね合わせると、まず大事なことは、「誰と行くか」。
つまり「誰と一緒に人生を歩むか」です。
配偶者、恋人、親友、家族… 
そうしたかけがえのない「生涯の仲間」に恵まれると最高ですよね~。
仲間が多ければ多いほど、楽しい人生になるはずです。

次に大事なことは「誰に案内してもらうか」、つまり肝心なときに誰にナビゲートしてもらうか。
人生の節々で必要な教えを誰に乞うかということです。
それがメンターであったり、尊敬する人、師匠と呼ばれる人であったりと、人それぞれですよね。
そうした方々とのご縁は本当に貴重です。

そして三番目が「どこに行くか」。
自分が向う先はどこかということで、たとえば人生の目標や夢。
具体的には、望んでいる進学先や就職先などをさす場合もあります。

『こころに おひさま、ありがとう』経済界


輪廻のことを書いてある本を読むと、我々は、同時期に何回も、
同じ魂のグループで、生まれ変わっている、と書かれている。
それをソウルメイトといい、魂の仲間ともいうそうだ。

演劇も、映画も、コンサートも、美術館も、食事も、誰と行くかが大事だ。
気の合わない人と行くと悲惨なことになる。
特に、食事は一緒に食べる人により、まったく楽しめないときがある。

江戸時代は、熊野三山や伊勢神宮を詣でたり、富士山などへ登るときに、案内をする人がいた。
それらのガイド役を、御師(おんし)と呼んだり、先達(せんだつ)と言った。
特に、富士山は先達がいなければ、危険で登れなかったという。

人生にも、先達という案内役が必要だ。
自分にとって最高の師を選ぶことができれば、有意義で価値ある人生をおくることができる。
しかし、師を持たなければ迷い、惑(まど)う人生となる。

人生は、「どこへ行くか」という、「目標」や、「夢」を持つことが、最も大切だと言われる。
もちろん、それが重要なことは言うまでもないが、その夢を実現するのに、
「誰と一緒に行くのか」、「誰をメンターにするのか」、ということの必要性が意外に忘れられている。

よき師を選び、よき仲間を選び、自らの夢の実現に向かって歩みたい。

IMG_2573-cd0bd-thumbnail2.jpg

posted by ぎゃらりーオーナー at 22:36| Comment(0) | ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。